まだ可能!Windows 10 への無償アップグレード方法【2019年版】

アイキャッチ画像

登場から間もなく3年半が経ち、Windows 10が遂に「最も利用されているWindows」になりつつある中、同じくらいのシェアを未だに保っているのは、発売開始から10年が経とうとしているWindows 7です。

しかし、Windows 7を安全に使えるのも残りわずかです。Microsoftによるサポート終了が2020年1月に迫っているためです。

そうなってくると、Windows 10 に移行しなければならなくなる訳ですが、無償アップグレードキャンペーンは2017年いっぱいで完全に終了しました。ただ、実はWindows 7やWindows 8.1からの無償アップグレードは、2019年1月現在でも可能です。

この記事では、Windows 7やWindows8.1から、Windows 10に無償アップグレードを行う方法や、それに伴う注意点などを分かりやすくまとめたいと思います。

スポンサーリンク

予備知識

Windows 10 にアップグレードを考える上での予備知識をまとめておきます。

具体的な方法が知りたい方は、無償アップグレード方法へどうぞ。

アップグレード対象

お手持ちのPCがアップグレード可能かどうかは、以下の3条件すべてを満たしているかどうかで判断できます。

①現在利用中のOS

基本的には、以下のOSを正規ライセンスで利用中であれば、アップグレードが可能です。

過去に一度もWindows10 にアップグレードしたことがなくても、問題なくアップグレードできます。(手持ちのWindows 7 Professional で検証済み)

  • Windows 7 SP1
  • Windows 8.1

②システム要件

お手持ちのPCが、最低限Windows 10 を動かすことができるスペックを満たしている必要があります。

ただ、これはWindows 7 のシステム要件と変わらないので、①の条件を満たしていれば問題ないでしょう。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4028142/windows-windows-10-system-requirementsから抜粋

プロセッサ(CPU) 1GHz以上のプロセッサまたはSoc
メモリ(RAM) 1GB(32ビット)または2GB(64ビット)
ハードディスクの空き容量 16GB(32ビット)または20GB(64ビット)
グラフィックス カード DirectX 9以上およびWDDM 1.0ドライバー
ディスプレイ 解像度 800 × 600

③メーカー等のサポート対象

見落としがちなのが、メーカーがその機種でWindows 10 を使うことをサポートしているかどうかというポイントです。

メーカーのサポート外の機種でWindows 10にアップグレードしようとすると、正常にアップグレードできなかったり、仮にアップグレードできても不具合が発生したり、そもそもサポートが受けられなくなるなどの問題が発生する可能性があります。

これについては、「(メーカー名) Windows10 アップグレード対象」でググればすぐに分かりますのでチェックしておきましょう。

アップグレード前にバックアップをとる

万が一アップグレードに失敗してWindowsが起動しなくなったり、動作が不安定になっても元に戻せるように、重要なファイルはバックアップを取っておくことを強くお勧めします

どんな方法を使ってもよいですが、イメージバックアップがおすすめです。

イメージバックアップは、Windowsに標準搭載されているバックアップ機能で、Windowsがインストールされているドライブ(=Cドライブ)のほぼ完全なコピーを取ります。これを使えば、たとえ起動しなくなっても、Windowsをほぼ完全にバックアップを取った時点の状態に戻すことができます。

 

(イメージバックアップの方法を加筆予定)

 

無償アップグレード方法

アップグレード前に

万が一、アップグレードに失敗したときに備えて、重要なファイルのバックアップを取っておくようにしましょう。

MediaCreationTool のダウンロード

以下のURLにアクセスして、Windows 10 アップグレード用のアプリケーションを入手します。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

MediaCreationToolのダウンロードページツールを今すぐダウンロードをクリックして、MediaCreationToolをダウンロードします。

アップグレード作業

①ダウンロードしたMediaCreationToolを起動します。

 

②しばらく待つと、利用規約の確認画面が出るので、同意するをクリック

MediaCreationToolのライセンス条項確認画面

 

③しばらく待って以下の画面に切り替わったら、このPCを今すぐアップグレードするを選択して、次へをクリック

MediaCreationToolの実行操作確認画面

 

④「Windows 10 をダウンロードしています」「Windows 10 のメディアを作成しています」「更新プログラムをダウンロードしています」という流れで画面が切り替わっていくので、しばらく待つ

 

⑤Windows 10 の利用規約が表示されるので、同意するをクリック

MediaCreationToolのWindows10利用規約確認画面

 

⑥「更新プログラムをダウンロードしています」「インストールに必要な作業を確認しています」という流れで画面が切り替わっていくので、しばらく待つ

 

⑦場合によっては、ここで以下のような画面が表示される場合があります。

 その場合は、表示される指示に従います。

MediaCreationToolの作業内容指示画面

確認をクリックすることで、強制的にアップグレードを続行することもできます。※1これは、不具合の原因になることもあります。例えば、Microsoft Security Essentials をアンインストールしないでWindows 10にアップグレードした場合に、Security Essentials をアンインストールできなくなることがあるという症状が報告されています自己責任の上、実行してください)

この画像の例だと、Microsoft Security Essentials という、Windows 7標準搭載のセキュリティソフトをアンインストールするように促されています。Windows 10 では動作しないためです。(代わりに、Windows Defenderというセキュリティソフトが標準搭載されています)

アンインストールは、手動で行う必要があります。スタートメニューのコントロールパネルをクリックし、プログラムのアンインストールからアンインストールを実行します。

Windowsの「プログラムと機能」画面

アンインストールが完了したら、MediaCreationToolの画面に戻り、情報の更新をクリックします。

 

⑧アップグレードの準備が整いました。インストールをクリックすると、Windows10へのアップグレードが始まります。クリックすると、インストールをキャンセルすることはできないので注意してください。

アップグレードには時間がかかります。(私の環境では、30~40分ほどかかりました)

MediaCreationToolの最終確認画面

 

⑨アップグレード中は、何回か再起動を繰り返します。最終的にWindows 10 で起動すれば、アップグレードは完了です!

Windows 10 のロック画面

Windows10 の「システム」画面

注意点など

Windows Update の確認

アップグレードが完了したら、Windows Update を確認して、Windows を最新の状態にしておきましょう。

アップデートの確認は、「設定」アプリの「更新とセキュリティ」ー「Windows Update」の、更新のチェックボタンから行えます。

Windows10 の 更新プログラム確認画面

「ファイルの関連付け」のやり直し

ファイルの関連付けとは、動画・写真・テキストファイルなどを、それぞれどのアプリで開くかという設定です。

アップグレードすると、どうやらこの設定がリセットされるようです。

ファイルの関連付けは、「設定」アプリの「アプリ」ー「既定のアプリ」から行えます。

Windows10 の「既定のアプリ」画面

Office アプリケーションの不具合

Windows 10 にアップグレードしたPCでは、「Office が起動しなくなる」「Office のライセンス認証が外れる」などのOffice関連の不具合がよく起こるようです。

Officeが起動しなくなった場合は、再インストールか、オンライン修復を実行することで起動することができるようになります。

オンライン修復を実行するには、「コントロールパネル」の「プログラムのアンインストール」画面から、Officeの欄を右クリックし、「変更」「オンライン修復」を選択します。

スポンサーリンク

脚注   [ + ]

1. これは、不具合の原因になることもあります。例えば、Microsoft Security Essentials をアンインストールしないでWindows 10にアップグレードした場合に、Security Essentials をアンインストールできなくなることがあるという症状が報告されています

あわせて読みたい

97件のフィードバック

  1. つかさん より:

    IObitでクリーンアップして無事にアップグレードすることができました。
    ありがとうございます。

    • Admin - hackers-high.com より:

      返信遅くなり申し訳ありません。
      情報提供ありがとうございます!

  2. 丹岩 義之 より:

    プロダクトキーについてはデジタル認証と云うことですが、パソコンに貼ってあるプロダクトキーで自動的に認証されるということなのでしょうか。有償アップグレードとの違いは何ですか。教えていただけますでしょうか。

    • Admin - hackers-high.com より:

      厳密に言うと少し異なりますが、概ねその認識で合っています。
      つまり、Win10にアップグレードする以前のバージョンのプロダクトキーを別のPCに使うことは(少なくともライセンス上は)できなくなります。
      有償アップグレードの場合は、新しくWin10のライセンスを購入する形になるので、アップグレード後もパソコンに貼られているプロダクトキーを別のPCで使うことが可能です。

  3. つかさん より:

    教えてください。7をアップグレードの途中次の作業が必要ですの画面で。アプリBookuPlaceReaderのアンインストールが表示され手動でコントロールパネルからプログラムを探しアンインストールをしました。情報の更新をしましたが、表示が変わらず進みません。再度戻りやってもだめ、コントロールパネルにはプログラムはありません。再起動をして再度進めても同じところで進みません。バグか何かあるのかやり方をご教示よろしくお願いいたします。

  4. eieiei より:

    ありがとうございました。おかげさまでWindows7からアップできました。
    スペック的には十分気に入っていたPCでしたのでこれを買い替えずにすんだのは大変ありがたいです。
    ただ,一点,キヤノンプリンタが無線ダイレクト接続しなくなったのが残念でした。
    「自動的に接続」にチェックを入れていても,
    印刷の都度,一々「接続」をクリックしないとプリンタの電源が入らなくなりました。
    メーカーにも問い合わせてもサッパリ???
    ドライバを何度入れなおしてもダメ。
    感じ的には,パソコンから電波が飛ぶのを妨げている何かがありそうなんですが
    設定を見ても問題なさそう…
    接続をクリックしさえすれば電源は入るのでまあ何とか使えるのですが。
    もし何か情報がおありでしたら,ご教示下さい。
    何はともあれ,ありがとうございました。

  5. まさまさ より:

    忘れていました
    2019/8/1現在、まだこのような手順でアップグレード可能でしょうか?

  6. tmacchant より:

    参考になります。ありがとうございました。
    うまくいかない場合はWindows 7をいったん消して,windows 10をインストール(いわゆるクリーンインストール)でうまくいく場合があります。ただし,これをやるとすべてが消えてしまうので,いままで使用してるアプリのインストールのキーやメディアなどそろえておく必要があります。
    私はすべての7,8のPCをアップグレードしましたが,4台ほどクリーンインストールをしました。

  7. より:

    こんにちは。Windows7環境のPCをWin10に上げるため記事を参考にさせていただいております。
    Windows7を最新バージョンに上げている途中、80072004、80070130のエラーが出て何度も失敗してしまい、細心に上げれません。何度か試してもダメでした…。助言をお願いします。

  8. tu911 より:

    初めまして、丁寧で、解りやすい解説でパソコンにあまり詳しくない自分でもWindows10にアップデートすることができました。3年位前に一度アップデートし戻した経緯があります。
    機種は、dynabook Qosmioシリーズ:PD711TTCBGBW(64ビット)(2011年)のかなり古いPCです。
    外付けのハードディスクだけは外しましたが、プリンターもそのままで、ウイルスソフト(ウイルスバスター)も入れたままでした。
    プロダクトキーについてはデジタル認証で、画面上には何も表示されませんでした。
    買い替えか迷っていましたが、このサイトに出会うことができ本当にラッキーでした。
    どうもありがとうございました。

コメントを残す

質問・感想などお気軽にどうぞ。
*が付いている項目は入力必須です。メールアドレス以外の項目が公開されます。
スパム防止のため、コメント反映まで少々時間がかかります。