まだ可能!Windows 10 への無償アップグレード方法【2019年版】

アイキャッチ画像

登場から間もなく3年半が経ち、Windows 10が遂に「最も利用されているWindows」になりつつある中、同じくらいのシェアを未だに保っているのは、発売開始から10年が経とうとしているWindows 7です。

しかし、Windows 7を安全に使えるのも残りわずかです。Microsoftによるサポート終了が2020年1月に迫っているためです。

そうなってくると、Windows 10 に移行しなければならなくなる訳ですが、無償アップグレードキャンペーンは2017年いっぱいで完全に終了しました。ただ、実はWindows 7やWindows 8.1からの無償アップグレードは、2019年1月現在でも可能です。

この記事では、Windows 7やWindows8.1から、Windows 10に無償アップグレードを行う方法や、それに伴う注意点などを分かりやすくまとめたいと思います。

予備知識

Windows 10 にアップグレードを考える上での予備知識をまとめておきます。

具体的な方法が知りたい方は、無償アップグレード方法へどうぞ。

アップグレード対象

お手持ちのPCがアップグレード可能かどうかは、以下の3条件すべてを満たしているかどうかで判断できます。

①現在利用中のOS

基本的には、以下のOSを正規ライセンスで利用中であれば、アップグレードが可能です。

過去に一度もWindows10 にアップグレードしたことがなくても、問題なくアップグレードできます。(手持ちのWindows 7 Professional で検証済み)

  • Windows 7 SP1
  • Windows 8.1

②システム要件

お手持ちのPCが、最低限Windows 10 を動かすことができるスペックを満たしている必要があります。

ただ、これはWindows 7 のシステム要件と変わらないので、①の条件を満たしていれば問題ないでしょう。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4028142/windows-windows-10-system-requirementsから抜粋

プロセッサ(CPU) 1GHz以上のプロセッサまたはSoc
メモリ(RAM) 1GB(32ビット)または2GB(64ビット)
ハードディスクの空き容量 16GB(32ビット)または20GB(64ビット)
グラフィックス カード DirectX 9以上およびWDDM 1.0ドライバー
ディスプレイ 解像度 800 × 600

③メーカー等のサポート対象

見落としがちなのが、メーカーがその機種でWindows 10 を使うことをサポートしているかどうかというポイントです。

メーカーのサポート外の機種でWindows 10にアップグレードしようとすると、正常にアップグレードできなかったり、仮にアップグレードできても不具合が発生したり、そもそもサポートが受けられなくなるなどの問題が発生する可能性があります。

これについては、「(メーカー名) Windows10 アップグレード対象」でググればすぐに分かりますのでチェックしておきましょう。

アップグレード前にバックアップをとる

万が一アップグレードに失敗してWindowsが起動しなくなったり、動作が不安定になっても元に戻せるように、重要なファイルはバックアップを取っておくことを強くお勧めします

どんな方法を使ってもよいですが、イメージバックアップがおすすめです。

イメージバックアップは、Windowsに標準搭載されているバックアップ機能で、Windowsがインストールされているドライブ(=Cドライブ)のほぼ完全なコピーを取ります。これを使えば、たとえ起動しなくなっても、Windowsをほぼ完全にバックアップを取った時点の状態に戻すことができます。

 

(イメージバックアップの方法を加筆予定)

 

無償アップグレード方法

アップグレード前に

万が一、アップグレードに失敗したときに備えて、重要なファイルのバックアップを取っておくようにしましょう。

MediaCreationTool のダウンロード

以下のURLにアクセスして、Windows 10 アップグレード用のアプリケーションを入手します。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

MediaCreationToolのダウンロードページツールを今すぐダウンロードをクリックして、MediaCreationToolをダウンロードします。

アップグレード作業

①ダウンロードしたMediaCreationToolを起動します。

 

②しばらく待つと、利用規約の確認画面が出るので、同意するをクリック

MediaCreationToolのライセンス条項確認画面

 

③しばらく待って以下の画面に切り替わったら、このPCを今すぐアップグレードするを選択して、次へをクリック

MediaCreationToolの実行操作確認画面

 

④「Windows 10 をダウンロードしています」「Windows 10 のメディアを作成しています」「更新プログラムをダウンロードしています」という流れで画面が切り替わっていくので、しばらく待つ

 

⑤Windows 10 の利用規約が表示されるので、同意するをクリック

MediaCreationToolのWindows10利用規約確認画面

 

⑥「更新プログラムをダウンロードしています」「インストールに必要な作業を確認しています」という流れで画面が切り替わっていくので、しばらく待つ

 

⑦場合によっては、ここで以下のような画面が表示される場合があります。

 その場合は、表示される指示に従います。

MediaCreationToolの作業内容指示画面

確認をクリックすることで、強制的にアップグレードを続行することもできます。※1これは、不具合の原因になることもあります。例えば、Microsoft Security Essentials をアンインストールしないでWindows 10にアップグレードした場合に、Security Essentials をアンインストールできなくなることがあるという症状が報告されています自己責任の上、実行してください)

この画像の例だと、Microsoft Security Essentials という、Windows 7標準搭載のセキュリティソフトをアンインストールするように促されています。Windows 10 では動作しないためです。(代わりに、Windows Defenderというセキュリティソフトが標準搭載されています)

アンインストールは、手動で行う必要があります。スタートメニューのコントロールパネルをクリックし、プログラムのアンインストールからアンインストールを実行します。

Windowsの「プログラムと機能」画面

アンインストールが完了したら、MediaCreationToolの画面に戻り、情報の更新をクリックします。

 

⑧アップグレードの準備が整いました。インストールをクリックすると、Windows10へのアップグレードが始まります。クリックすると、インストールをキャンセルすることはできないので注意してください。

アップグレードには時間がかかります。(私の環境では、30~40分ほどかかりました)

MediaCreationToolの最終確認画面

 

⑨アップグレード中は、何回か再起動を繰り返します。最終的にWindows 10 で起動すれば、アップグレードは完了です!

Windows 10 のロック画面

Windows10 の「システム」画面

注意点など

Windows Update の確認

アップグレードが完了したら、Windows Update を確認して、Windows を最新の状態にしておきましょう。

アップデートの確認は、「設定」アプリの「更新とセキュリティ」ー「Windows Update」の、更新のチェックボタンから行えます。

Windows10 の 更新プログラム確認画面

「ファイルの関連付け」のやり直し

ファイルの関連付けとは、動画・写真・テキストファイルなどを、それぞれどのアプリで開くかという設定です。

アップグレードすると、どうやらこの設定がリセットされるようです。

ファイルの関連付けは、「設定」アプリの「アプリ」ー「既定のアプリ」から行えます。

Windows10 の「既定のアプリ」画面

Office アプリケーションの不具合

Windows 10 にアップグレードしたPCでは、「Office が起動しなくなる」「Office のライセンス認証が外れる」などのOffice関連の不具合がよく起こるようです。

Officeが起動しなくなった場合は、再インストールか、オンライン修復を実行することで起動することができるようになります。

オンライン修復を実行するには、「コントロールパネル」の「プログラムのアンインストール」画面から、Officeの欄を右クリックし、「変更」「オンライン修復」を選択します。

脚注   [ + ]

1. これは、不具合の原因になることもあります。例えば、Microsoft Security Essentials をアンインストールしないでWindows 10にアップグレードした場合に、Security Essentials をアンインストールできなくなることがあるという症状が報告されています

あわせて読みたい

6件のフィードバック

  1. mmsanta より:

    ここを参照しながら行いました。
    うまく行きました。
    2012年製のノートPC、WIN7 SP1
    メーカーからドライバーをいくつかUPDATEしてから行いました。
    WIN10のインストール時に真っ黒の画面が30分以上続いたときには「大丈夫かなあ・・・。」
    とすごい不安になりました。
    良かった良かった、助かりました。

    • Admin - hackers-high.com より:

      お役に立てたようで何よりです。
      時間のあるときに、メーカー製ドライバの更新についても追記しておこうと思います。
      ありがとうございました!

  2. ありがとうございます

  3. blue より:

    updateのやり方を公開していただき、ありがとうございます!
    当時はサポート終了前に買い替えるだろうし、と思って放っておいたのですが、
    あれよあれよと時が過ぎまして、購入しなきゃいけないのかと落ち込んでいました。
    本当にありがとうございました。

  4. おひつじ座 より:

    やり方を公開していただいて本当にありがとうございます。
    どうしようかと思っていましたのでとても助かります。
    今度の週末にupgradeやってみるつもりです。
    Win10に上げるのと同時にHDDからSSDに換装しても大丈夫でしょうか?

    • Admin - hackers-high.com より:

      基本的には問題ないはずです。
      一度HDDのままでwin10にアップグレードしてから、ディスククローン用ソフトを使ってデータを丸ごとSSDにコピーするという方法が最も手っ取り早く、Windowsのライセンス認証の問題も少ないかと思います。
      他にも色々な方法があるので、お好みのものを見つけてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です