Office製品を個別にインストールする方法【Office365,2019,2016,2013対応】

Microsoft Office の製品ロゴ

最近のMicrosoft Officeは、ふつうにインストールしようとするとライセンス上使えるアプリケーションを全部インストールさせられます。これによって、上位エディションを買うと使いもしないのにAccessやPublisherなどがインストールされるということが多発します。

使わないアプリケーションがディスク容量を無駄に消費するのはあまり気持ちのいいものではありませんね。

そこで、この記事では、使うアプリケーションを個別に選択してOfficeをインストールする手順を、できるだけわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

インストール手順

もし既にPCにOffice製品がインストールされていても、同じ製品をインストールするのであれば手動でアンインストールする必要はありません。

(反対に、違う製品をインストールするなら既にインストールされているOffice製品は一旦アンインストールしてください。例えば、Office Professional 2016 → Office 365 ProPlus の場合、Office Professional 2016 はアンインストールしてください。)

Office Deployment Tool(Office展開ツール)のインストール

以下のリンクから、Office Deployment Tool をダウンロードします。

Office 2013 用:https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=36778

Office 365 / 2019 / 2016 用:https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=49117

Office Deployment Tool のダウンロードページ

赤枠の Download をクリックしてダウンロードします。

保存先はどこでもOKです。

 

保存したファイルをダブルクリックして、インストーラーを起動します。

Office Deployment Tool の利用規約

利用規約が表示されるので、チェックボックスにチェックを付けて Continue をクリック

 

インストール場所を聞かれるので、適当な場所を指定します。今回はデスクトップに OfficeDeploymentTool というフォルダを作ってそこにインストールします。

Office Deployment Tool のインストール先選択ウィンドウ

デスクトップ を選択した状態で 新しいフォルダーの作成 をクリックしてOfficeDeploymentToolと入力

Office Deployment Tool のインストール先選択ウィンドウ

OK をクリックするとインストールが完了します。

設定ファイルの作成

メモ帳を起動します。(Windowsキーを押して、notepad と入力、エンターキーを押す)

起動したら、以下の内容をすべてコピー&ペーストします。(グレー枠右上の Copy をクリックしてもすべてコピーできます)

<Configuration>
  <Add OfficeClientEdition="32">
  	<Product ID="O365ProPlusRetail">
  		<Language ID="ja-jp"/>
  		<ExcludeApp ID="Access"/>
  		<ExcludeApp ID="Excel"/>
  		<ExcludeApp ID="Groove"/>    <!-- Onedrive for Business -->
  		<ExcludeApp ID="Lync"/>      <!-- Skype for Business -->
  		<ExcludeApp ID="OneDrive"/>
  		<ExcludeApp ID="OneNote"/>
  		<ExcludeApp ID="Outlook"/>
  		<ExcludeApp ID="PowerPoint"/>
  		<ExcludeApp ID="Publisher"/>
  		<ExcludeApp ID="Word"/>
  	</Product>
  </Add>
</Configuration>

 

使用環境にあわせて少し編集が必要です。編集が必須なのは2点です。

①3行目の、Product ID= に続くのはインストールするオフィスの製品名です。購入済みの製品に合わせてこれを書き換えてください。購入した製品と違うものを書くとライセンス認証が通らないので注意してください。

製品名 書き換え内容
Office 365 ProPlus “O365ProPlusRetail”(書き換え不要)
Office 365 Enterprise “O365ProPlusRetail”(書き換え不要)
Office 365 Business(Premium 含む) “O365BusinessRetail”
Office personal 2019 “Personal2019Retail”
Office Home & Business 2019 “HomeBusiness2019Retail”
Office Professional 2019 “Professional2019Retail”
Office Home & Business 2016 / 2013 “HomeBusinessRetail”
Office Professional 2016 / 2013(Academic 含む) “ProfessionalRetail”

 

②5~14行目の、ExcludeApp ID= に続くのは、インストールから除外するOfficeの各アプリケーション名です。この中から、インストールしたいアプリケーションの名前が書かれている行を削除してください。

 

設定例として、Office Professional 2016 の Excel、Outlook、PowerPoint、Wordをインストールする場合の設定は以下のようになります。

<Configuration>
  <Add OfficeClientEdition="32">
  	<Product ID="ProfessionalRetail">
  		<Language ID="ja-jp"/>
  		<ExcludeApp ID="Access"/>
  		<ExcludeApp ID="Groove"/>    <!-- Onedrive for Business -->
  		<ExcludeApp ID="Lync"/>      <!-- Skype for Business -->
  		<ExcludeApp ID="OneDrive"/>
  		<ExcludeApp ID="OneNote"/>
  		<ExcludeApp ID="Publisher"/>
  	</Product>
  </Add>
</Configuration>

 

③(わかる人のみ)2行目の、Add OfficeClientEdition= に続くのはインストールされるアプリケーションのビット数です。32ビットでも特に問題はないとは思いますが、64ビット版をインストールしたい場合は “64” に修正します。(ちなみに、Office 2019とOffice 365は通常インストールだとデフォルトで64ビット版がインストールされるようになったとのこと)

 

編集が完了したら、ファイル名前を付けて保存 をクリックし、画像のように入力します。

Office Deployment Tool 設定ファイルの保存ダイアログ

保存する場所は、先ほどOffice Deployment Tool を保存したフォルダです。

ファイル名 myconfiguration.xml と入力

ファイルの種類 すべてのファイル に変更

 

これで、Office Deployment Tool の設定は完了です。

Officeのインストール

Windows10 の場合

エクスプローラーから、先ほど Office Deployment Tool を保存したフォルダを開きます。

Shift + 右クリックメニューの画像

エクスプローラー画面中央付近の空白のエリアをShiftキーを押しながら右クリックして、PowerShell ウィンドウをここに開く をクリックします。

 

PowerShell から Office のインストーラーを起動する

PowerShellが起動するので、以下のように入力し、エンターキーを押します。

.\setup.exe /configure myconfiguration.xml

これ以降はWindows10以前の場合と同じです。

Windows10 以前の場合

エクスプローラーから、先ほど Office Deployment Tool を保存したフォルダを開きます。

エクスプローラーの画面中央付近の空白をShiftキーを押しながら右クリックして、コマンド ウィンドウをここで開く をクリックします。

 

コマンドプロンプトが起動するので、以下のように入力し、エンターキーを押します。

setup.exe /configure myconfiguration.xml

 

Office インストール中のウィンドウ

Officeのインストーラーが起動するので、インストールが完了するまでしばらく待ちます。

Office インストール完了後のウィンドウ

 

インストールが完了すると、スタートメニュー(Windowsキーを押すと出てくるメニュー)にOfficeのアプリケーションが追加されているので、クリックして起動します。

 

Office の初回起動画面

起動すると、ライセンス認証のウィンドウが開くので、メールアドレスかプロダクトキーを入力します。

 

ライセンス認証済みのExcelのウィンドウ

無事にインストールが完了しました!

インストールが完了したら、Office Deployment Tool はフォルダーごと削除しても大丈夫です。

ただし、再インストールするときのことを考えて、どこか別のフォルダーに移動しておくことをおすすめします。

参考

実はこの Office Deployment Tool ではもっと色々なことができます。興味がある方、詳しくは、以下のリンクを参照してみてください。

 

Office 展開ツールの概要 | Microsoft Docs

Office 展開ツールのオプションの構成 | Microsoft Docs

クイック実行用の Office 展開ツールでサポートされる製品 ID

スポンサーリンク

2件のフィードバック

  1. だるま より:

    こういうサイト、探してました。感謝です。
    書かれている通りにやったところ(Office2013です)、余分なアプリを削除できないうえにスタートメニューからOffice関連のショートカットがすべて消えてしまいました。「クイック修復」でもとに戻したのち、「ディスクのクリーンアップ」からWindows.oldなどのファイルを削除してから再度行ったところ、うまくいきました。

  2. 村井 信彦 より:

    2010エクセルとワードの2年間限定版をインストールしたら、2003パワーポイントが消えてしまい困っています。パワーポイントを復活させたいか、なんとか2003程度のパワーポイントだけをインストールしたいのですが。PCは、Windows8.1 4Gです。素人なのでよろしくお願いします。

コメントを残す

質問・感想などお気軽にどうぞ。
*が付いている項目は入力必須です。メールアドレス以外の項目が公開されます。
スパム防止のため、コメント反映まで少々時間がかかります。